プロフィール

平林 遼 指揮者
お問合せはこちらから
ryo.hirabayashi.conductor@gmail.com

人気ブログランキング

2020年6月19日金曜日

【Jazzのコード理論・Sibelius活用・Cubaseの使い方】

大変有難いことに、Jazzのコード理論と、楽譜作成ソフトSibeliusの使い方と、打ち込みソフトCubaseの使い方を、このところレッスン頂いている。(堀田先生ありがとうございます<(_ _)>)
ほとんど大体、初心者である。
そして課題も出して頂いているので、何年振りかで宿題の締め切りがある生活。
1つ目の課題は「酒と薔薇の日々」を伴奏付けしたものをSibeliusで譜面作成。(この時にコードというものに始めて向き合った。まだ頭で和声記号とコードはリンクしていない・・・)
和声の課題と違ってケチョンケチョンにならないのは、そもそもコードというもの概念と起源によるものだと知って、大変腑に落ちたのであった。(三和音の構成音がそのままガチャッとスライドしても、それはかえってPOPSらしい響きになるとのこと。勉強になる。)
2つ目の課題は第9の旋律をリハーモナイズする課題。
トニックはⅠⅢⅥ、サブドミナントはⅡⅣということは私でも知っている訳だが、Jazzでは(?)自由に置き換えて良いらしい。
ほぉっ!ⅠとⅥ、ⅡとⅣはまだしもⅢ使っていいんですか!というのは意外でした。(ということで、Sibelius清書ではいきなりⅢを使ってみた。一つ一つ勉強です。)
ということで、
Sibeliusで打ち込み→和声分析→リハーモナイズ→コードに置き換える→最後にSibeliusにリハーモナイズしたコードを打ち込み。
そして余裕があったらCubaseで第九の音源を今日明日作ってみよう、と思っています。
ところでこの旋律って、後半6度調のドミナントと4度調のドミナント使っていて、オシャレなんですね。
ベートーヴェン御洒落~。
改めて分析してみると、和声的な構成も、黄金比の様にやはり美しいですよね。
そして、JAZZ(POPS)のコード理論、映画音楽等の商業音楽に触れてみると、海外に出て日本のことがよく分かるが如く、クラシックのことがよく分かる気がします。
つまり、音楽史的な流れで見ると、隆盛をそうしたポピュラー音楽シーンに譲っている「クラシック」(現代のそれはコンテンポラリーミュージック)の現在と昔というか、音楽それ自体を見つめ直せている気分になります。

2020年5月10日日曜日

ブックカバーチャレンジ?

【ブックカバーチャレンジ?】
Facebookのタイムラインで本の紹介を近頃見かけます。
7日間かけてどうやら一冊ずつ紹介ということでしょうか。
横着なので動画の形で7冊一挙に喋って紹介してみました。
読了していないもの、シリーズものを外すなど少しだけルール設定して、背伸びしないラインナップにしました。
もうちょっと衒学的に、知的を装ってもいいのかもしれませんが見栄を張るのはよしておいて、どれもポップで読みやすい本ばかりになりました。
また、「本から本へ」(松岡正剛著)と「世界最高の日本文学」(許光俊著)は本を取り上げる本なので、そこに掲載されている本のタイトルと著者を挙げておきました。
【選んだ7冊】
1冊目 オレのクラシック 許光俊著
2冊目 世界最高の日本文学 こんなにすごい小説があった 許光俊著
3冊目 作曲は鳥のごとく 吉松隆著
4冊目 多読術 松岡正剛著
5冊目 音楽とは何か 田村和紀夫著
6冊目 革命のファンファーレ 現代のお金と広告 西野亮廣著
7冊目 本から本へ 千夜千冊エディション 松岡正剛著
【番外編(他に取り上げた本)】
伊福部昭 管弦楽法
近藤秀秋 音楽の原理
エクトール・ベルリオーズ&リヒャルト・シュトラウス 管弦楽法
北方謙三 三国志
許光俊 邪悪な文学誌
西野亮廣 魔法のコンパス
安部公房 砂の女
安部公房 方舟さくら丸
安部公房 カンガルー・ノート
安部公房 人間そっくり
安部公房 箱男
安部公房 水中都市・デンドロカカリヤ
【松岡正剛著 本から本へで取り上げられている作品】
道元 正法眼蔵
ブレーズ・パスカル パンセ
滝沢馬琴 南総里見八犬伝
オノレ・ド・バルザック セラフィタ
エドガア・アラン・ポオ ポオ全集
リュシアン・フェーブル&アンリ=ジャン・マルタン 書物の出現
デレク・フラワー 知識の灯台
フランセス・イエイツ 世界劇場
メアリー・カラザース 記憶術と書物
ジョナサン・グリーン 辞書の世界史
ヴィンフリート・レーシュブルク ヨーロッパの歴史的図書館
アルベルト・マングェル 読書の歴史
小川道明 棚の思想
ウォルター・J・オング 声の文化と文字の文化
川島隆太 脳と音読
前田勉 江戸の読書会
上田利男 夜学
周興嗣 千字文
前田愛 近代読者の成立
ゴットフリート・ロスト 司書
ホルヘ・ルイス・ボルヘス 伝奇集
ウンベルト・エーコ 薔薇の名前
アンドルー・ラング 書斎
レイ・ブラッドベリ 華氏451度
デヴィッド・L・ユーリン それでも、読書をやめない理由
ジェイソン・マーコスキー 本は死なない
【許光俊著 世界最高の日本文学の中で取り上げられている作品】
岡本かの子 鮨
森鴎外 牛鍋
三島由紀夫 憂国
泉鏡花 外科室
武者小路実篤 お目出たき人
川端康成 眠れる美女
谷崎潤一郎 少年
江戸川乱歩 芋虫
嘉村礒多 業苦
夢野久作 少女地獄
小林多喜二 党生活者
岡本かの子 老妓抄

2020年5月8日金曜日

バッハの演奏法


バッハばかりはとても難しい。

バッハはどうしても歯が立たないと思い言い続けてきて、ようやくこういうことかと自分なりに腑に落ちてきたのは、古楽奏法を勉強し始めてからでした。 ということで、 「バッハの演奏法」と題して動画を撮りました。